オールインワン化粧品のオススメの選び方はコレ!

時短やコスパを抑えたく、オールインワン化粧品を検討されている方も多いのではないでしょうか。

昨今はオールインワンブームと言っていいほど人気があり、様々なタイプのものが販売されています。

なので、何となく話題の物を選んでも、『自分の肌には合わなかった』というケースも少なくないようです。

そこでここでは、オールインワンのメリット・デメリットをまとめると共に、失敗しない為の選び方のポイントまでをまとめさせていただきました。

『もう失敗したくない』

そんな方は、是非参考にしてください。

 

 

オールインワン化粧品のメリット・デメリット

パッと思いつくだけでも、オールインワンには以下のようなメリットがあります。

【メリット】

  • 1本でスキンケアが完了するので、時短になる
  • 同じく、あれもこれも揃えなくていいので、コスパが良好
  • 肌に触れる回数が少なく、刺激を与えずにスキンケアができる(摩擦刺激が少ない)
  • 過剰なケアになりすぎず、肌本来の力が衰えにくい
  • 敏感肌の方の場合、原因の成分を特定しやすい

やはり時短と金銭的な負担が少ないことが、一番のメリットといえそうです。

またライン使いで必要以上に肌に栄養を与えると、肌自体の保湿力や再生能力が低下してしまうとも言われています。

オールインワンであれば、いたわりすぎない最低限のケアになるので、その分肌を丈夫にすることにもつながっていきます。

 

【デメリット】

  • 保湿・美白・アンチエイジングなどの成分が一気に配合されているので、どうしても1つ1つの効果が薄れやすい
  • 融通が利かない(乾燥する時期には水分を多めに…、日焼けするから美白を重点的に…といった調整ができない)
  • オールインワンを付けてすぐ化粧下地やファンデーションをすると、モロモロが出るものもある

この辺りが挙げられます。

色々なオールインワンの口コミを見ると、『冬には物足りません』、『夏は美白もしたいので、他の物に切り替えます』そんなコメントも多く見られます。

やはり融通の利かなさが、デメリットとしては大きいようですね

 


デメリットはあるものの、時期に合わせて使い分けたり、他の化粧品と併用するといった使い方ができれば、十分メリットの恩恵を受けることもできます。

ということで、ここからはオールインワン化粧品を選ぶ際のポイントをまとめていきます。

 

 

 

オールインワン化粧品を選らぶ際の、3つのポイント

選ぶ際は、この3つを基準にするのがオススメです。

  1. 安全なもの
  2. 自分が解決したい悩みにあったもの
  3. 続けられるコスパのもの

1つ1つ確認していきましょう

 

安全なものを選ぶ:チェックポイントはこれ!

安全面の基準は、まず添加物を確認します。

例えば、

  • 香料などは、化粧かぶれの原因として一番多いと言われている
  • パラベンなどの防腐剤は、肌への刺激になることもある
  • 海外製の効果が強力なものは、ホルムアルデヒドやアスベストなど発がん作用がある成分が配合されていることもある

このような悪影響が考えられるので、なるべく『無添加』という表記がある低刺激なものを選ぶようにしましょう。

 
※【パラベンフリー・アルコールフリー・香料、着色料不使用】そんな表記があるものがオススメです。

 

 

自分の肌の状態は?解決したい悩みから選ぶ

最近は、保湿に特化したものや美白・エイジングケアに特化したものなど、さまざまなオールインワンがあります。

肌の悩みに合わせて選ぶ基準を、少しまとめておきます。

 

①乾燥肌を何とかしたい

セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸など、保湿・保水作用が期待できる成分が配合されているものを選びましょう。

ただコラーゲンやヒアルロン酸は真皮という肌の奥に存在する成分なので、”ナノ化”されているなど、浸透させやすい工夫がされているものを選ぶのがポイントです。

※それぞれの公式サイトを見ると、その辺りも詳しく書いてあるはずです。

 

②ハリがなくなった・たるみが気になる

肌の弾力成分は、紫外線などの刺激によって破壊されていきます。

紫外線を浴びると活性酸素が発生し、これが細胞を怖いしていく事で、肌がたるんでくるんですね。

※活性酸素の影響を受けることを”酸化”と言う。

この場合、酸化に抗する作用、つまり抗酸化作用に優れた成分が配合されているものを選ぶのがオススメで、成分としてはビタミンC誘導体、ビタミンE、コエンザイムQ10などが有名どころです。

 

③美白ケアをしたい

シミのケアに重点を置きたい方は、アルブチンやトラネキサム酸、ビタミンC誘導体などが配合されているものを選びましょう。

アルブチンやトラネキサム酸にはメラニン色素の生成を抑制する作用があり、シミの予防に役立ちます。

ビタミンC誘導体にはメラニン色素の生成抑制に加え、できてしまったシミを薄くしていく効果にも期待できるので、シミのケアにとって優秀な成分です。

【ちょっと補足】
美白成分の1つに、ハイドロキノンがあります。
肌の漂白剤とも言われるほど強力な成分で、高い効果が望める分、刺激も強くなります。
高濃度の物を使い続けると、肌の一部が白く脱色してしまうこともあるので、用法用量を守ることが大切です(白斑:はくはん)。

 

ニキビをケアしたい

この場合は、グリチルリチン酸など肌の炎症を沈める作用を持った成分が配合されているものがオススメです。

またビタミンCには皮脂の分泌を抑制する働きもあるので、ニキビの予防につながります。

※肌の乾燥によっても皮脂の量が増えると言われているので、保湿ケアも同時に行えると良いですね。

 

⑤敏感肌を何とかしたい

敏感肌は、肌が乾燥してバリア機能が低下している状態です。

保湿ケアと同様、セラミド配合のオールインワンがオススメと言えます

セラミドは角質層に存在し、細胞同士の隙間を埋めることで水分蒸発を抑えると共に、バリア機能を高めてくれています。

またコラーゲンなど弾力成分が減少した場合も、肌が薄くなり敏感に傾きやすくなります。

この場合は、アンチエイジング作用のあるものを選ぶのが良いでしょう

 

※次は、オールインワンを選ぶ3つ目の基準を見ていきます。

 

 

スキンケアには継続が大切:続けられるコスパかどうか

基本的は、1つの化粧品を継続して使っていくことになるかと思います。

なので、コスパも大事なポイントです。

いくら高品質なものでも、高くつてしまってはオールインワンのメリットが消えてしまいます。

ご自身に合った、続けられる価格ものを選ぶようにしましょう。

 

【補足:使い心地も大事】
長く続けるものなので、ベタつき加減や、香りなども気にしてみることをオススメします。
また、最近ではジャータイプ・ポンプ・チューブなど様々な容器のタイプがあるので、家で使うのか、化粧ポーチに入れて持ち運ぶのかなど、用途によって選ぶのもアリですね。

 


以上が、オールインワン化粧品を選ぶ際のポイントになります。

ここまでを踏まえて、私が個人的に選んだオススメのアイテムを紹介しておきます。

 

 

私がならコレ:個人的おすすめオールインワン3選

ここでは、3つのおすすめアイテムを紹介していきます。

 

1.医学誌も注目の成分配合:シズカゲル

  • 定価4980円+送料
  • 定期コース:2980円(送料無料)
  • 定期コースには、30日間の返金保証あり
  • アットコスメでの評価:★5.1(2018年9月)

【成分の特徴】

  • 保湿成分:セラミド・スクワラン・シア脂
  • 美白成分:フラバンジェノール・アルブチン・ビタミンC誘導体
  • エイジングケア成分:フラバンジェノール・ビタミンC誘導体
  • 添加物:パラベン・香料・着色料・アルコール・鉱物油・シリコン・界面活性剤フリー

 

シズカゲルの特徴は、1本で美白ケア、シワ・毛穴・肌荒れ・乾燥などのケアができること

多角的なケアをすることで、本当の意味での美白を目指すという事が商品のコンセプトになっています。

筆頭成分であるフラバンジェノールには、ビタミンCの約600倍の美容パワーがあるとされ、最近は医学誌でも話題になっています。

いつでも解約自由でお得な定期コースや、返金保証などの特典があることもオススメできるポイントです。

※オールインワンには珍しい、コンパクトなチューブタイプという点にも注目です。

 

シズカゲルの詳しい口コミ検証、レビューなどは、こちらのサイトで詳しく紹介されていました。

参照:シズカゲルの口コミとレビューまとめ

 

 

2.モンドセレクション受賞:シミウス

  • 定価:4743円+送料
  • 定期コース:3795円(送料無料)
  • 30日間の返金保証あり
  • アットコスメでの評価:★5.2(2018年9月)

【成分の特徴】

  • 保湿成分:コラーゲン、ヒアルロン酸
  • 美白成分:プラセンタ
  • 抗炎症成分:グリチルリチン酸
  • 添加物:記載なし(成分表から、防腐剤・着色料は配合されている)

シミウスは、保湿成分を売りにした美白オールインワンです

1つで10役こなせるというのも、特徴になっています。
(化粧下地・美白・化粧水・乳液・パック・アイクリーム・保湿・美容液・マッサージ・クリーム)

こちらもシズカゲル同様に、30日間の返金保証が付いています。

容器は一般的なジャータイプなので、家で使いたい方向けといったところでしょうか。

 

 

3.エステティシャンのお墨付き:TBCエステティックジェル

  • 定価:5616円+送料
  • 定期コース:初回2808円、2回目以降5054円 (送料無料)
  • 30日間の返金保証あり
  • アットコスメでの評価:★5.8(2018年9月)

【成分の特徴】

  • 保湿成分:セラミド・プロテオグリカン
  • 植物性の保湿成分:スクワラン・ミロタムヌスフラペフォリア葉/茎エキス・ハベルレアロドペンシス葉エキス
  • 整肌成分:ビタミンA、B2、C、E
  • 添加物:パラベン・フェノキシエタノール・合成香料・合成着色料・鉱物油フリー

TBCエステティックジェルは、肌本来の力を目覚めさせる事を売りにしていて、生命力にあふれている植物由来の保湿成分を豊富に配合しています

そしてシミウス同様、こちらも1本で10の役割を果たすことができます。
(化粧水・美容液・乳液・クリーム・パック・マッサージクリーム・アイクリーム・ネッククリーム・デコルテクリーム・化粧下地)

エステ後のようなハリつや美肌へ”というキャッチフレーズが魅力的ですね。

 

 


どれも評価が高いオールインワンになっています。

また返金保証が付いているので、気軽な気持ちでお試しができるものをセレクトしてみました。

  • シミ予防・保湿・エイジングと幅広くケアしたい→シズカゲル
  • シミを薄くする+保湿ケアをしたい→シミウス
  • とにかく保湿重視→TBCエステティックジェル

それぞれのオールインワンの特徴を踏まえると、このような選び方になるかと思います。

悩んでいる肌トラブル、値段、容器のタイプ等を参考に選ばれてみてください。

 

 

まとめ

オールインワンと聞くと、忙しい方が妥協で使うようなイメージがあると思います。

ただ、しっかりと自分の肌の状態を把握し、それに合った選び方出来れば、

  • 時短になる
  • コスパが良い
  • 肌に刺激を与えない
  • 過剰なケアにならず、活き活きとした肌を目指せる

といったメリットを、最大限に活かすことができるでしょう

また状況によって、化粧水や美容液、クリームなどと併用してみたり、

  • 朝はオールインワン
  • 夜は他の基礎化粧品と併用

そんな使い方もアリです。

シンプルな分、使い方次第でどこまでもスキンケアの幅を広げられるオールインワン

あなたも、お気に入りを1つ、見つけてみてはいかがでしょうか。